地上戦

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索

地上軍は惑星を制圧し支配下に置く、又は敵の侵略から惑星を守る、反乱軍を制圧し反乱を鎮圧するなどの為に用いられる。

採用[編集]

帝国は居住可能なあらゆる惑星に植民し種族が居住する限り、その国境内のあらゆる種族から軍を徴兵する事ができる。軍は惑星から出撃すると自動的に輸送艦に乗り込み、軌道上で輸送艦隊を編成する。新たな軍は惑星駐留兵力が上限に達すると、自動的に惑星軌道上に移動し輸送艦に乗り込む。惑星に駐留できる兵力の上限はその惑星の規模に応じて決まる。(惑星の規模が25であれば25個軍駐留出来、15であれば15個軍となる)

帝国が組織できる非防衛軍の数は帝国内に居住する種族のPOP数に応じて決まる?

地上戦[編集]

地上戦は惑星防衛軍と侵略軍との間で自動的に始まる。防衛軍は惑星固有の防衛軍と駐留中の侵略軍又は防衛軍から構成される。惑星固有の防衛軍は総じて防衛軍より弱い。

攻撃側の軍による攻撃には惑星の要塞強度に応じてマイナス補正が掛かる。100%強化されている要塞惑星の場合、防衛軍に対する攻撃力に-95%のペナルティが課せられる。要塞強度が0%の場合だと+100%の攻撃ボーナスが与えられる。従って、侵略側は余程の利点が無い限り先に軌道爆撃を行い、要塞を破壊した上で攻撃すべきだ。要塞の防衛力は惑星の人口に応じて決まり、初期は1000だが人口が1増えるたびに100ずつ増加する。

地上軍にはダメージ以外にも「士気」「体力」のパラメーターがある。これらに対するダメージはどちらかの軍が完全に失われるまでランダムな軍に与えられる。この二つのパラメーターは非常に重要で、士気がなくなると攻撃力に-75%のペナルティが課せられ、体力が0になった場合その軍は失われる。もしどちらかの軍が全滅した場合地上戦は終了する。

もし惑星に生存しているPOPが存在しない場合、侵略軍は降下する事ができない。これは戦争の目標で惑星を放棄させられる、又は惑星から全てのPOPを引き上げた場合に発生しうる。尚、惑星に駐留できる軍隊の総数は侵略側には何の制限も無い。

アタッチメント[編集]

アタッチメントは軍を強化する事ができる、追加装備のことだ。必要な技術を研究する事でアタッチメントがアンロックされ、各軍毎に購入して装備させる事ができる。地上軍にアタッチメントを装備させたい場合、必ず惑星にその軍を駐留させなければならない。

輸送艦[編集]

輸送艦は侵略軍を基盤となる惑星から侵略目標の惑星に向けて輸送する艦艇だ。防衛軍は一切輸送する事ができない。 侵略軍は輸送艦1に対して1つずつ乗船する。各々のユニットを選択する事で個別に惑星に降下させたり、配備・展開する事ができる。

状況ログにてイベントが発生した場合、例えば戦闘で被害を受けた艦艇に乗り込む場合においても輸送艦が必要となる。これはイベントを遂行する為に必要だ。

地上軍の種類[編集]

  • 惑星には人口に応じた防衛軍が無償で発生する。彼らはメンテナンスに費用を必要としない。彼らが戦闘中に受けた被害は治療することで回復できる。輸送不能。
  • 侵略軍は惑星を攻撃する役目を持つ攻撃部隊だ。彼らを使用することが無いのであれば、極めて強力な防衛軍として使用できる。しかし、余りに高価すぎるので惑星の防衛の為だけに大規模動員するのには向かない。
  • 防衛軍は惑星を防衛する役目に特化した部隊だ。彼らは惑星間の移動を行う事はできないし如何なる面でも侵略軍に劣るが、コストが安いという最大の利点がある。彼らを動員する事で社会不安を抑える事は有効だろう。


特別な軍[編集]