Information icon.svg 本日のサーバメンテナンスが完了しました。

政策

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索


政策(Policies) 帝国が星を拡大にご案内の統治の戒律をアウトライン動作の帝国的法律します。政策は、彼らが実装するために何も費用がかかり、その中の布告とは異なりますが、市民や他の帝国がお互いを閲覧する可能性がありますどのように影響を与えます。布告のような 10 年の間に適用されます。変更した後、10 年が経過するまで、特定のポリシーを変更できません。

を持っている大規模な帝国の不幸を軽減する方法としては、ポリシーを変更することをお勧めします。

政策は政体(Government)メニューにあります。

14 の使用可能なポリシー カテゴリをそれぞれ 2 つと 4 つのポリシー オプションの間にあります。特定の政府のタイプまたは 精神、利用可能なポリシー オプションが指示できます。たとえば、個人主義者のアイデアを採用する政府は移行を制限していません。いくつかのポリシーのトラックまたはオプションは技術の進歩によってさらに制限します。たとえば知覚力があるロボットがない場合についてロボットの権利ポリシーを持つことが可能じゃです。

奴隷の自然増加[編集]

国家の惑星の奴隷人口が自然に育てることができるかどうかが決まります。

種別 効果 説明・注意事項
許可(Allowed)
  • 奴隷のPOPが成長することができます
奴隷は子作りできます。奴隷から成長した人民が自動的に奴隷にされています。
  • 奴隷が許可された場合に、デフォルトで有効化。
不許可(Not Allowed)
  • 奴隷化された人民は成長できません
  • 成長過程にある奴隷POPは殺されます
奴隷は人口を増加させることを許可されません。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)の場合は奴隷になります。

粛正(Purge)[編集]

もはや望んでいたポップ ユニットの強制撤去に政府の位置を決定します。

種別 効果 説明・注意事項
禁止(Prohibited)
  • 人民(POPs)を粛正できません
粛清は残虐行為であり、常にそう捉えられるべきです。
  • 次の場合デフォルトで有効:個人主義(Individualist)または熱狂的な個人主義(fanatic individualist)そしてもし、平和主義(pacifist)または熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)
異星人のみ(Xenos Only)
  • 他の種族のうちから人民(POPs)を粛正できます。
国内に劣等な生命体が蔓延ることを防ぐためにも、彼らの拡散を規制し制御する効率的な手段は必要です。
  • 利用可能な接触は、他の帝国との間で確立されている場合。
  • 有効な場合:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)または次の場合:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(Fanatic Collectivist)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし受容主義(Xenophile)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
許可(Allowed)
  • 任意の人民(POP)を粛正できます
国内の不穏分子や腐敗分子はきれいに取り除かねば、連中の腐敗が我が国の奥深くにまで根を張ってしまうでしょう。
  • 有効かつデフォルトでアクティブ化された場合:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(Fanatic Collectivist)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし個人主義(Individualist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な個人主義
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(Fanatic Collectivist)

軌道上爆撃(Orbital Bombardment)[編集]

惑星爆撃敵の世界侵略を引き受けた場合の適切なレベルで姿勢が決まります。

種別 効果 説明・注意事項
軽度(Light)
  • 軌道上爆撃の規模が以下までに制限される: "軽度"
    • 原因0.30惑星要塞への一日あたりの基本ダメージ
    • 防衛軍の耐久力は回復しません。
    • 5%人民(POP)殺される機会が毎月あります
識別済みの軍事目標のみに爆撃を許可し、市民の犠牲者を最小限に抑えます。
  • 次の場合デフォルトで有効:平和主義(pacifist)または熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)
制限(Limited)
  • 軌道上爆撃の規模が以下までに制限される: "制限あり"
    • 原因0.40惑星要塞への一日あたりの基本ダメージ
    • 防衛軍の耐久力は回復しません。
    • 人民(POPs)は働くことができません
    • 10%人民(POP)殺される機会が毎月あります
    • 10%建物が台無しにされている毎月チャンス
民間人の大半がインフラがない場合であっても生存できることを確認した上で、最も強力なものを除く軌道兵器の使用を許可します。
  • そうでない場合は、デフォルトで有効化:平和主義(pacifist)または熱狂的な平和主義(fanatic pacifist)かつ、そうでない場合:軍国主義(militarist)または熱狂的な軍国主義(fanatic militarist)
  • 有効でない場合:熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし平和主義(Pacifist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)
無制限(Full)
  • 軌道上爆撃の規模が以下までに制限される: "無制限"
    • 原因0.50惑星要塞への一日あたりの基本ダメージ
    • 防衛軍の耐久力は回復しません。
    • 人民(POPs)は働くことができません
    • 15%人民(POP)殺される機会が毎月あります
    • 20%建物が台無しにされている毎月チャンス
    • 10%タイル ブロックの作成に 1 ヶ月あたりチャンス
あらゆる軌道兵器の使用を許可します。地表の生物については考慮しません。
  • 有効かつデフォルトでアクティブ化された場合:軍国主義(militarist)または熱狂的な軍国主義(fanatic militarist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし平和主義(Pacifist)
  • 苦しむ(Suffer)-20%幸福度(happiness)もし熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)

未開種族への干渉(Native Interference)[編集]

FTLをまだ達成していない原始的な文化を持つ惑星と対話する方法に関する帝国の方針を決定します。

原始的な文明が見つかったら、このポリシーが有効になります。

種別 効果 説明・注意事項
受動的研究(Passive Studies)
  • 観察ステーションの上限は"受動的研究(Passive Study)"
    • +3
未開種族の社会は存在と自力での進歩の権利を持っており、誰からの支配も指図もあってはなりません。
  • 利用できない場合:熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)
能動的研究(Active Studies)
  • 観察ステーションの上限は"能動的研究(Active Study)"
    • +6
宇宙の神秘を解き明かすために、あらゆる対象は自由に研究できるべきです。
  • 利用できない場合:熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
  • 大小は毎月その本国の人口の反撃のチャンスより多くの外国人嫌いを倫理的にシフトします。
無制限研究(Unrestricted Studies)
  • 未開種族の世界に侵入することができます
最も原始的な生命体は銀河紛争の舞台上の別の俳優に過ぎません。彼らが抵抗する力に欠けている、何が正しい彼らする必要は彼ら自身の運命のマスター?
  • 利用できない場合:受容主義(xenophile)、熱狂的な受容主義(fanatic xenophile)、平和主義(pacifist)または熱狂的な平和主義(Fanatic Pacifist)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし受容主義(Xenophile)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし平和主義(pacifist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な平和主義(fanatic pacifist)

未開種族の啓蒙(Native Enlightenment)[編集]

国家が未開種族の世界を啓蒙できるかどうか決定します。

原始的な文明が見つかったら、このポリシーが有効になります。

種別 効果 説明・注意事項
禁止(Prohibited)
  • 未開種族の世界を向上させることができません。
未開種族には、我々が発見した宇宙の驚異を正しく受け止める準備がまだ出来ていません。もし彼らに銀河の真理を晒せば、関わった全員にとって多大なリスクがあります。
  • デフォルトでアクティブ
許可(Allowed)
  • 未開種族の世界を向上させることができます。
我々の持つ知識を彼らと共有することで、未開種族が彼らの正当な地位を銀河系社会に確立する手助けになるでしょう。
  • 利用できない場合:熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしもし排他主義の場合
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)

移住(Migration)[編集]

人民(POP)ユニットが1つの惑星から別の惑星へ移住できるかどうかの方針を決定します。

POPが移行する可能性がより幸せそれが減少します。

種別 効果 説明・注意事項
禁止(Prohibited)
  • 人民(POPs)は移住できません
人民が最も必要とされる場所は国家が決めます。
  • 次の場合デフォルトで有効:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(Fanatic Collectivist)
  • 利用できない場合:熱狂的な個人主義
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし個人主義(Individualist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な個人主義
第1種族のみ(Primary Species Only)
  • 国家の元々の種族である人民(POPs)は移住できます
無制限の移住は第1種族にのみ許された特権です。
  • 次の場合デフォルトで有効:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)そしてもし、個人主義(Individualist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)そうでない場合:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)そしてもし、熱狂的な個人主義
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし受容主義(Xenophile)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
自由移住(Free Migration)
  • すべての人民(POPs)は自由に移住できます
全ての市民は己の幸福を追求するため、望むのであればどこにでも行く自由を有します。
  • 次の場合デフォルトで有効:個人主義(Individualist)または熱狂的な個人主義(fanatic individualist)そしてもし、受容主義(xenophile)または熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
  • デフォルトで利用できない場合:熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしもし排他主義の場合
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な排他主義(Fanatic Xenophobe)

強制移住(Resettlement)[編集]

人民(POPs)を1つの惑星から別の惑星へ強制的に移動できる場合には指示します。

種別 効果 説明・注意事項
禁止(Prohibited)
  • 人民(POPs)が強制移住することはできません
民は自由であり、どこかの惑星に住むことを強制されはしません。
  • そうでない場合は、デフォルトで有効化:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)、そうでない場合:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(fanatic collectivist)かつ、そうでない場合:神授委任制(divine mandate)または超越帝国(transcendent empire)。
許可(Allowed)
  • 人民(POPs)を強制移住することができます
国家は人民に住む惑星を強制できます。
  • 次の場合デフォルトで有効:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)、もし集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(fanatic collectivist)そしてもし、神授委任制(divine mandate)または超越帝国(transcendent empire)。
  • 利用できない場合:個人主義(Individualist)または熱狂的な個人主義
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:排他主義(xenophobe)または熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)、そうでない場合:集産主義(Collectivist)または熱狂的な集産主義(fanatic collectivist)かつ、そうでない場合:神授委任制(divine mandate)または超越帝国(transcendent empire)。

投票権(Voting Rights)[編集]

国家の支配者が誰であるかが選ぶことに来る時に誰の票がカウントするかを決定する。

種別 効果 説明・注意事項
選挙なし(No Voting)
  • 人民(POPs)とリーダーは投票できない
  • 継承は相続人によって保証される
支配者の私達の選択は、一般大衆に任せることについてずっと重要すぎる決定である。
  • もし政府が独裁政権であるならば、デフォルトで有効に作動する、もしでなければMilitary Dictatorship.png軍事独裁政または軍事帝国
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし個人主義(Individualist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な個人主義
エリート主義(Elitism)
  • リーダーは投票できます
誰が支配者たるべきかという問いに対する答えは、我々の社会で最も尊敬され、知識に富む人々に委ねられるべきです。
  • 有効で既定でアクティブ化された政府が寡頭政治かつ次の場合:Military Dictatorship.png軍事独裁政または軍事帝国
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし熱狂的な個人主義
第1種族のみ(Primary Species Only)
  • 国家の元々の種族である人民(POPs)のみ投票できます
投票権には重大な責任が伴うので、第1種族以外に認められるべきではありません。
  • 政府が民主制である場合は有効です。
  • 次の場合デフォルトで有効:Fanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし受容主義(xenophile)、集産主義(Collectivist)または個人主義(Individualist)
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な受容主義(fanatic xenophile)、熱狂的な集産主義(fanatic collectivist)または熱狂的な個人主義
自由投票(Free Vote)
  • すべてのポップ(POPs)とリーダーは投票できる
国家の統治には国民の意思が反映されるべきであり、国民一人ひとりがそれに参加するべきです。
  • 政府が民主制である場合は有効です。
  • 利用できない場合:Fanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もしもし排他主義の場合

指導権(Leadership)[編集]

科学者、知事、軍事指導者募集プールから描くことができます帝国のタイプが決まります

種別 効果 説明・注意事項
第1種族のみ(Primary Species Only)
  • 国家の元々の種族からのみリーダーを生成します
異星の種族が国内に住み着くのを許したとしても、指導者の地位は第1種族にのみ許されるべきです。
  • デフォルトでアクティブ
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)ロボットの場合。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)元々の種族ではない場合。
異星人も含む(Xenos Allowed)
  • 国家内の異星人民(POPs)からもリーダーを生成できます
その出身がどこであれ、国内の才能を無駄にしてはなりません。
  • 次の技術が必要:異星統合。
  • 有効でない場合:Fanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)ロボットの場合。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:受容主義(xenophile)または熱狂的な受容主義(Fanatic Xenophile )
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もしもし排他主義の場合
  • 苦しむ(Suffer)-20%幸福度(happiness)もしFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
アンドロイドも含む(Androids Allowed)
  • 国家内のロボット人民(POPs)からリーダーを生成できます
合成人間は、社会の大部分の領域で、我々の帝国に貢献します。同様の指導権のポジションを取ることができるようにすることは当然のことです。
  • 次の技術が必要:合成人間人格マトリクス。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)ロボットではなく、かつ次の条件を満たさない場合:物質主義(materialist)またはFanatic Materialist.png狂信的な物質主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし熱狂的な精神主義者(fanatic spiritualist)の場合
制限なし(Allow All)
  • 国家内のすべての人民(POPs)からリーダーを生成できます
才能ある個人であれば、それが異星人であれ合成人間であれ、指導者の地位を求めるのを許容されるべきです。
  • 次の技術が必要:異星統合と合成人間人格マトリクス。
  • 有効でない場合:Fanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もし排他主義(xenophobe)または精神主義者(spiritualist)の場合
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な排他主義(fanatic xenophobe)または熱狂的な精神主義者(fanatic spiritualist)の場合

リーダー強化(Leader Enhancement)[編集]

技術によりリーダー能力を向上させるのに用いられることができるが、倫理質問をこんなに引き起こすかもしれないかどうか決定します。

この政策は血統選別が研究済みの場合一度選択できます。

この効果は生きているリーダーに影響を与えます。

種別 効果 説明・注意事項
自然選択
  • リーダーは追加ボーナスを獲得しない
自然に任せましょう。-天才は経験の坩堝から鍛え上げられるのです。
  • デフォルトでアクティブ。
血統選別
  • +1リーダーのスキルレベル
  • +25指導者寿命
  • +25%リーダー雇用費用Mod leader influence cost.png
貴重な遺伝的素質を無駄にせぬよう、慎重な繁殖計画が奨励されるべきです。
  • 次の技術が必要:血統選別。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしIndividualist.png個人主義。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もしFanatic Individualist.png狂信的な個人主義。
能力増強 私達は、問題コスト全然偶然見つけないことを何にも任せない。DNAバンクの厳格なキューレーションにより私達は明日のリーダーを構築します。
  • 次の技術が必要:能力増強。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしIndividualist.png個人主義またはSpiritualist.png精神主義。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もしFanatic Individualist.png狂信的な個人主義または熱狂的な精神主義者。

初回接触儀礼[編集]

宇宙旅行中に新しくあった国家への態度を決定します。

種別 効果 説明・注意事項
平和的
  • 中立の存在を攻撃不可。
未知の生命体に対して敵対的な行動を取ることは許されないでしょう。報復は、先にこちらが攻撃を受けた場合にのみ可能です。
  • そうでない場合は、デフォルトで有効化:Xenophobe.png排他主義またはFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義かつ、そうでない場合:Militarist.png軍国主義またはFanatic Militarist.png狂信的な軍国主義。
  • 苦しむ(Suffer)-2.5%幸福度(happiness)もしXenophobe.png排他主義またはMilitarist.png軍国主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義またはFanatic Militarist.png狂信的な軍国主義。
攻撃的
  • 中立の存在を攻撃可能。
未知の危険が、星々の間に隠れています。我々は躊躇なく攻撃する準備ができている必要があります。私たちの継続的な生存を確保するためです。
  • 次の場合デフォルトで有効:Xenophobe.png排他主義またはFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義そしてもし、Militarist.png軍国主義またはFanatic Militarist.png狂信的な軍国主義。
  • 有効でない場合:Fanatic Pacifist.png熱狂的な平和主義またはFanatic Xenophile.png熱狂的な受容主義。
  • 苦しむ(Suffer)-2.5%幸福度(happiness)もしXenophile.pngまたはPacifist.png平和主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしFanatic Xenophile.png熱狂的な受容主義またはFanatic Pacifist.png熱狂的な平和主義。

人工知能(Artificial Intelligence)[編集]

人工の生物形態がどのように扱われるかについて決定します。

この政策はロボット労働者が研究済みの場合、一度使用可能になります。

政策のどれも完全に人工知能が反乱の危険性を否定することができません、彼らはそれが対処される方法と可能性を決めるだけです。

種別 効果 説明・注意事項
違法
  • ロボット製造不可
  • 既存のロボットは分解されます
知性があり、自己認識している機械は、生きとし生ける物に対する計り知れない脅威です。人工知能の製造は死によって罰すべき罪です。
  • デフォルトでアクティブ。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:Xenophobe.png排他主義またはFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義そしてもし、Materialist.png物質主義。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)そうでない場合:Xenophobe.png排他主義またはFanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義そしてもし、Fanatic Materialist.png狂信的な物質主義。
奴隷化
  • ロボットは隷属するか、分解することができます
それがどれくらい知的である場合があるかに関係なく、どんな機械の圧倒的目的でもその主人に貢献して、それが設計されたどんな仕事でも果たすことでなければなりません。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしSpiritualist.png精神主義。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もし熱狂的な精神主義者。
  • 苦しむ(Suffer)-25%幸福度(happiness)ロボットの場合。
市民権付与
  • ロボットの隷属・分解不可
人工知能を保有するという基準をみたす全ての自意識ある機械は個人とみなされ、それに伴うあらゆる権利と義務を付加されるべきです。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)そうでない場合:Materialist.png物質主義またはFanatic Materialist.png狂信的な物質主義。
  • 苦しむ(Suffer)-5%幸福度(happiness)もしXenophobe.png排他主義の場合。
  • 苦しむ(Suffer)-10%幸福度(happiness)もしSpiritualist.png精神主義または次の場合:Fanatic Xenophobe.png狂信的な排他主義。
  • 苦しむ(Suffer)-20%幸福度(happiness)もし熱狂的な精神主義者。

参照[編集]