Information icon.svg 本日のサーバメンテナンスが完了しました。

準知的種族

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索

このページは、本家英語版wiki「Pre-FTL_species」[1]より準知的種族部分を抜粋・翻訳したものです

このゲームには2つのタイプの前FTL種族がいます。原始文明と、準知的種族です。

原始文明は、宇宙旅行に必要なテクノロジーをまだ所持していない文明です。彼らは大きく2種類に分けることができます。工業化以前のものと、工業化されたもので、それぞれに青銅器時代や初期宇宙時代といったサブカテゴリーがあり、彼らのテクノロジーの発展段階を明確にする助けとなります。

準知的種族は特別な将来の見込める種族です。数百万年放っておかれれば彼らは自分たち自身で知性を発展させることができるのでしょうが、星間帝国は彼らに代わってその過程を促進させることができ、わずか数十年で彼らを準知的種族から生産的な銀河市民へと変えられます。

準知的種族とその社会的向上[編集]

原始種族とは違い、準知的種族の住む惑星は植民可能で、幾つかの異なるイベントチェーンを提供します。準知的種族のPOPは植民後(もしくは軌道上に採掘/研究ステーションを建造した後だが、これはバグの可能性がある)に成長を始め、建物や労働についている地表タイルはブロックされ、そのタイルのボーナスは得られません。彼らは食料タイルに住むのを好みます。彼らは惑星所有者のために何ら生産せず、また現在いるタイルから動かすことはできません。コロニー船改造シェルターは、準知的種族のPOPが存在するタイルには設置できません。

適切な技術を使用して彼らを向上させることもできます。原住の準知的種族を向上させるには、その惑星が直接に国境内である必要があります。種族の向上にはテクノロジー「エピジェネティックトリガー」と社会研究5000が必要です。向上した種族はあなたの帝国の一部となり、+20%の幸福度ボーナスを得ます。向上を完了させると、影響力500を得られます。

非常に珍しいですが、準知的種族と前FTL種族が同じ惑星上に生成されることもあり得ます。

石器時代種族[編集]

非FLT種族には第三の可能性、石器時代種族が存在します。彼らは惑星上の補正として出現します。「未開種族への干渉(Native Interference)」が「無制限(Unrestricted)」に設定されている場合、それらの惑星へ入植することができます。石器時代種族は時代の経過とともに青銅器時代種族へ発展し、観測拠点の建設と観測ミッションの実施が可能です。採掘/研究ステーションを建造できなくなるので変化は非常に目立ち、マップ上で星系の産出が変化するため、あなたが毎回惑星を開いてチェックする必要はありません。

その世界に帝国が入植可能であれば、入植の結果としてイベントを引き起こします。

(ゲームの)規則的に入植状態であるにもかかわらず、石器時代種族の住む惑星はテラフォーム可能です。テラフォームの過程では原住民は殺されません。石器時代種族の住む惑星をテラフォームして入植した後に奴隷化を選択すると、彼らのPOPは新しい惑星タイプの居住適性を持ちます。これはガイア適正種の作成を許しますが、しかしながらガイア世界だけでなくどこでも生きることができないため、役に立たないでしょう。

植民されていない惑星に住む石器時代種族は、まれに彼ら自身の手で初期文明に発展し、その平均的な時間は200年です。これは彼らを青銅器文明の帝国に変えます。これは、彼らの惑星が入植されていない場合に限り発生します。