統治形態

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索

この項目は1.6.2時点のデータに基づきます。

帝国(empire)には5種類の統治形態があります。それらは指導者の選出方法を決定します。また、帝国の志向によっては選択できる統治形態が制限されます。

統治形態によって選択できる国是が変わります。


統治形態一覧[編集]

バージョン1.6.2現在、民主制、寡頭制、独裁制、帝国制、集合意識の5種類の統治形態があります。

Type Effects Description & Notes
民主制
  • 民主的な選挙を行う。
  • 指導者の任期は10年。
  • 再選挙も可能。
  • 指導者は公約を持っています。
10年に一度、選挙で指導者が変わる統治形態です
寡頭制
  • 寡占選挙。
  • 指導者の任期は40年を基準に、+-10年の幅があります。
  • 影響力250を使用し再選挙が可能。
  • 指導者は目標を持ちます。
寡頭制では政治権力を持つ少数者によって支配されます
独裁制
  • 選挙は指導者が死亡した時のみ行われます。
  • 指導者の任期は終身です。
  • 指導者は目標を持ちます。
独裁制は一人の個人が帝国を支配します
帝国制
  • 選挙はありません。
  • 指導者の座は後継者によって継承されます。
  • 指導者は目標を持ちます。
独裁制に似ていますが、指導者の死後選挙を行うことなく、後継者が帝国を引き継ぎます
集合意識
  • UtopiaDLCが必要です。
  • 選挙は行われません。
  • 指導者は不死身です。
  • 後継者は存在しません。
  • 派閥は存在しません。
  • 志向の集合意識が必要です。
集合意識は志向の集合意識専用の特殊な統治形態です。利用にはDLCのUtopiaが必要です

参照[編集]