Auto Build and Improve Buildings ENG/RUS/FRA/GER

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索

このページは、MODの「Auto Build and Improve Buildings ENG/RUS/FRA/GER」の使い方を解説します。

Q & A[編集]

  • Q. このMODは何?
  • A. 建物の建設とアップグレードを自動化するMOD。惑星単位で方針を指定できる。
  • Q. セーブデータに途中で適応できる?
  • A. できる。問題なく動く。
  • Q. セーブデータから途中で抜くことはできる?
  • A. できる。MOD内にボタンひとつでMOD設定を安全にリセットする機能がある。
  • Q. 建物以外に何か操作できる?
  • A. ロボットの自動建設、タイル障害物の自動除去、採掘ステーションの自動建設、AIの強化など。いずれもデフォルトではOFFになっている。

概要[編集]

建物の自動建設、自動建て替え、自動アップグレードを行う。

基本状態では、惑星のタイル資源を活かすように建物を増やし、建物に対応する技術があればアップグレードを行う。

惑星布告を設定することで、惑星単位で「農業惑星」「鉱業惑星」「バランス研究惑星」「社会学研究惑星」といった専門化を指定し、それに合った建物を自動で建設する。

セクターは、セクターAIがMODから制御できないため、自動建設が機能しなくなる。

直轄星系を+900するオプション機能を併用すれば、完全制御が可能になる。

初回設定[編集]

MODの導入直後は、自動建設&アップグレードの機能はOFFになっている。

「政策と布告」から帝国の布告画面を表示し、「Here you can configure mods.」を選択しよう。

すると、同作者の他MODと共有のメニューが表示される。「Autobuild」を選択しよう。(他MODを導入していなくても問題ない)

さらに、一番上の「Turn On all main settings」を選択しよう。作者のオススメの基本的な設定が行われる。

これにより、直轄地はAutobuildの制御により、半自動で建物が管理される。セクターでは、セクターAIがMODの建設予定と喧嘩をして動かなくなる。

すべての惑星を完全に制御したい場合は、「政策と布告」から「There is No Need for Sectors」を選択し、直轄地を増やそう。

基本動作[編集]

「初回設定」を終えてMODを起動すると、各惑星で自動建造が開始される。

自動建造は、POPが居るタイルのみ処理される。POPがいないタイルは、新規建設やアップグレードが行われない。

すべての惑星は、惑星布告で自動建設の動作を変更できる。この布告は影響力を消費しないので、気軽に変更できる。

なにも指定していない場合「デフォルトの動作」が実行される。

大方針」と「オプション方針」があり、大方針は複数の中から1つだけ選択できる。

大方針[編集]

未選択以外では「鉱山」「発電所」「農場」「研究所」は、特化する対象に建て替えられる。それ以外の建物(首都、べサリアン発電所、楽園ドーム、その他MOD追加の建物)は現状を維持し、アップグレード可能ならばアップグレードする。

大方針を変更する場合、後述の「Clear auto adicts」を選び未選択状態に戻る必要がある。

   * (未選択) - 惑星はタイル資源を有効活用する。(例:鉱物タイルの上には鉱山が、研究資源の上には研究所が建てられる)空白のタイルは放置される。(空白タイルの扱いはHere you can configure mods.から設定できる。後述)
   * Industrial Center - 惑星を鉱業に特化させる。タイルの資源は無視され、鉱山が建てられる。
   * Energy Center - 惑星をエネルギーに特化させる。タイルの資源は無視され、発電所が建てられる。
   * Farm Center - 惑星を農業に特化させる。タイルの資源は無視され、農場が建てられる。
   * Research Center - 惑星を研究に特化させる。タイルの資源は無視され、研究所が建てられる。

Research Centerを選んだ場合、基本的には「物理学」「工学」「社会学」がバランス良く建てられる。 惑星補正や種族特性がある場合、それを活用する選択をする。 ただし、追加で表示される以下の布告を選ぶと、それを無視して特化する。

   * Physics priority - 物理学に特化する。物理学以外の研究所は建て替えられる。
   * Society priority - 社会学に特化する。社会学以外の研究所は建て替えられる。
   * Engineering priority - 工学に特化する。工学以外の研究所は建て替えられる。

オプション方針[編集]

基本的に、一部の建物自動操作を停止することで、資源を節約することができる。 特に資源が少ない序盤では、これを使って建設の優先度を指定することが大事。

   * Ignore Auto-Improve - 自動アップグレードをしなくなる。
   * Ignore Auto-build - 新規建設や建て替えをしなくなる。
   * Clear auto adicts - この惑星のAutobuild系設定をリセットする。
   * Hide/Show auto edicts - Autobuild系の布告を非表示にする。布告が多すぎて見た目が困る人向け。

設定の詳細[編集]

Here you can configure mods.」->「Autobuild」から、細かな設定ができる。

   Turn On Space Stations. - 採掘ステーション、研究ステーションを自動で建造する。(宇宙港ではない)。選択したときに有るすべての建設船が自動制御になり、どんどんステーションを立てる。内政状況を全く確認せず手当たり次第に建造するため、序盤は控え、後半に使うと便利。
   Turn On Auto-Improve Building. - すべての惑星の自動アップグレードを許可/不許可にする。
   Turn On Auto-Improve Buildings That Cost Influence. - 「影響力」を消費する建物のアップグレードを許可/不許可にする。おもに首都。
   Turn On New Buildings on Good Tiles. - 惑星の大方針が未設定のとき、タイル資源を活用する。
   Menu:Improve labs. - 研究所の特化を制御する。惑星特性や種族特性を無視したり、全惑星でまとめて特定分野に特化を指定できる。
   Turn On Auto-build on empty tiles. - 資源のないタイルで自動建設を行うか設定する。常に発電所を建てたり、バランス良く建てたりを変更できる。
   Turn On Auto-build: Robots. - ロボットを自動で建造する。
   Menu:Unique Buildings. - 惑星に特定の建物を立てるか制御できる。たとえば、すべての惑星に必ず「楽園ドーム」を立てるように指示できる。
   Turn On Auto-clean Blockers. - 注意:半チートな設定タイル障害物を自動で除去する。MODシステムの制限により、即時削除しかできないため、建造時間がチートっぽい動きになる。
   Turn On Keep Resources in Reserve - 資源が一定以上に貯まるまで、自動建設を控える。 鉱物の量が0,500,1000,25000,5000,20000から選べる。
   Turn On Allow Autobuild for AI - 敵AIが強くなる。。敵AIがこのMODの設定を使いこなすため、建設の無駄が減り、内政が強くなる。
   Remove all of the mod's settings. - このセーブデータからMODのすべての設定を削除する。これを選択した直後にセーブをすると、AutobuildのMODを抜いても安全に動作できる。