Patch 1.3.0

提供: Stellaris Wiki JA
移動先: 案内検索

1.3.0[編集]

リバイアサン ストーリー パック

重要[編集]

  • 新 : プレイヤーは強力なガーディアンと、ガーディアンの秘密の宝に遭遇できるようになった
  • 新 : 3種類存在するエンクレイブ・ステーションに遭遇できるようになった:アーティシャン、キュレーター、トレーダー、
  • 新 : トレーダー・エンクレイブは鉱石/エネルギー通貨を交易したり戦略資源を売る
  • 新 : アーティシャン・エンクレイブは記念碑を建てたり惑星単位でフェスティバルを開催する
  • 新 : キュレーターは星図を売ったり、研究を促進したり、ガーディアンを倒すために必要な情報を提供したりする
  • 新 : '天上の戦い' が二つの目覚めた没落帝国の間で発動する。銀河規模の戦争を引き起こす。

グラフィック[編集]

  • 新 : 5つの'かわいい系'立ち絵:2 軟体動物、 1 爬虫類、 1 猿人類 と 1 菌類。

ミュージック[編集]

  • 新 : 5 のメインテーマを含んだ新曲(作曲:Andreas Waldetoft)、ストーリーパックをインストールし有効化する必要がある。

新機能[編集]

重要[編集]

  • 新 : "連合勝利" という勝利条件。
  • 新 : 新しい銀河初期化オプション - 没落帝国の最大数、居住可能惑星の数、プレイヤーの初期位置に接する強化AI帝国の数、初期位置で他帝国と密集するかどうか、危機イベントを許可するかどうか。
  • 新 : 250影響力を支払うことで新首都を指定可能に。
  • 新 : 新しい武器スロット:超大型。超大型武器は戦艦のみ設置可能で、射撃可能な角度が制限されている。
  • 新 : 'トラッキング’(照準力?)ステータスを追加。このステータスと同じ値だけ敵の回避力を下げる。ほとんどの武器は照準力の値を持つようになった。
  • ミサイル迎撃は専用スロットになった。小型の宇宙船にある。
  • 新 : 魚雷スロットを追加。
  • 新 : 補助ユーティリティスロットを追加。
  • 2つの新しい居住惑星クラスを追加。アルペン(高山)とサバンナ(草原)。
  • 新 : 4種類の新しい人型種族の立ち絵を追加。
  • 新 : 「派閥のPOPを抑制」トグルを追加、影響力を時間経過で支払い続けて効果を発揮。
  • 新 : 自動探索の技術研究がゲーム中盤以降に出現。調査船が自動で調査してくれる。
  • テラフォーミングの見直し - テラフォーミング・ステーションは無くなった。国境内のあらゆる入植していない惑星はコストを支払ってテラフォーミング可能に。
  • セクターの行動を設定するトグルを追加。行動をON/OFFできる。
  • 戦略資源の見直し。帝国全体に影響する資源は、ひとつ以上の資源を所有した瞬間に、建物やモジュールがなくても効果を発揮し、余った資源はトレードできる。
  • 艦隊は他のAI艦隊を追跡するか否かON/OFF可能に。
  • 新 : 惑星中継地点と艦隊中継地点を設定可能に。新規建造された船は最寄りの艦隊中継地点に向かい、そこで自動的に艦隊合流する。帰還命令が出された場合、最寄りの惑星中継地点に向かい、惑星中継地点が無ければ最寄りの宇宙港に行く。

全体[編集]

  • 戦闘コンピュータの見直し。船のサイズ別にステータスと行動が異なるようになった。
  • 移駐怪獣の生存領域は銀河のランダムな場所に集中するようになった。星々の間で、稀にはぐれ個体に出会うことがあるかもしれないが、ほとんどの宇宙怪獣は種族別に固まるようになり限られた宇宙文明だけが彼らの故郷を見つけることができる。
  • ボイド・クラウドは常に故郷星系または大量のエネルギーが採掘可能な星の近くに出現するようになった。
  • 結晶存在は常に少量の報酬を守る。
  • オーラが戦艦から削除。
  • 侵攻部隊は惑星の最大着陸可能部隊数を超えて生産可能に。あふれた分は自動的に軌道上へ移動する。
  • セクターの所有する惑星でも強制移住が可能になった。
  • 戦闘機は母艦の攻撃目標とは別に攻撃目標を選ぶようになった。
  • 戦闘機とミサイルは回避を実行するようになった。
  • ミサイルは体力/アーマー/シールドのステータスが追加された。
  • 新 : 植物人類の名前リストが追加、古いものも更新。
  • Utility Slots of most ship sections have been consolidated
  • (?)ほとんどの船のユーティリティスロットは統合された。
  • 戦艦と空母のセクションの組み合わせは削除され見直された。
  • 宇宙クジラの武器は常に小型スロットに。
  • 新 : 他の帝国に対し、進貢国になるよう進言が可能に。(逆に自分が進貢国になることも打診可能に)。
  • 戦略資源採掘は完全見直し。資源は新しい役目を設定。採掘場所の出現場所/出現率も見直し。
  • 結晶存在の武器はプレイヤーに使えなくなった。
  • '発電所の過負荷'の政策の解放条件は新天地プロトコル(最初の入植技術)から広域エネルギー管理(パワーハブ I型の技術)に移動。
  • Droid technology is no longer marked as Rare. Chance to appear is unchanged
  • (?)'ドロイド'の技術はレア技術でなくなった。出現(確率?条件?)は変更。
  • Synthetic Thought Pattern technology is no longer displayed as Rare. Chance to appear is unchanged
  • (?)'合成思考パターン'の技術はレアでなくなった。出現(確率?条件?)は変更。
  • 新 : 新しい銀河初期化オプション - 没落帝国の最大数、居住可能惑星の数、プレイヤーの初期位置に接する強化AI帝国の数、初期位置で他帝国と密集するかどうか、危機イベントを許可するかどうか。
  • 政策の説明文は幸福度にどのような影響をするか表示するようになった。
  • 新 : '開拓地診療所'はFrontier Hospital(開拓地病院)にアップグレード可能になった。
  • 新 : 開拓地病院を追加。
  • テラフォーミングの見直し - テラフォーミング・ステーションは無くなった。国境内のあらゆる入植していない惑星はコストを支払ってテラフォーミング可能に。
  • テラフォーミングガスとテラフォーミング用液状物質は、テラフォーミングの費用を下げる効果に変更。
  • テラフォーミングはゲームの早期から可能に。
  • あらゆる惑星タイプから、あらゆる惑星タイプへ直接テラフォーミング可能に。惑星タイプに対応した技術が必要。(以前のように居住可能でない惑星はテラフォーミング不能で、技術も存在しない)

外交[編集]

  • 連合への/連合からの同盟の申請が可能に。同盟国は連合内すべての帝国に対し非交戦協定のように効果を発揮し、加盟国同士と連合国の信用を上げることができる。連合国メンバーは同盟申請の許可/拒否を投票で決める。

技術[編集]

  • 新 : Vitality Boosters(生命力活性剤):リーダーの寿命 +10年
  • 新 : 開拓地病院、開拓地診療所からアップグレード可能。
  • 新 : Mega Cannon(メガキャノン砲)は同名の超大型武器をアンロックする。
  • 新 : Giga Cannon(ギガキャノン砲)は同名の超大型武器をアンロックする。
  • 新 : 新技術として死の惑星をテラフォーミング可能に、レア技術としてガイア惑星を作る技術も追加。

没落帝国[編集]

  • 没落帝国のPOPはマイナス効果の種族特性を持たなくなった。かわりにプラス効果の種族特性が更に追加される。
  • それぞれの没落帝国は別々の艦隊設計をするようになった。
  • 没落帝国はときどきゲーム開始時にタイタン級の船を保有する。
  • 寛容主義の没落帝国は普通の帝国が奴隷/浄化しても攻撃しなくなった。
  • 物質主義の没落帝国は普通の帝国がAIを研究しても攻撃しなくなった。
  • 寛容主義/物質主義の没落帝国は普通の帝国に対し、特定の要求や依頼を行い、受け入れられる/達成されると外交関係にボーナス。
  • 寛容主義き/物質主義の没落帝国は、外交関係の良い普通の帝国に対し、ときどき贈り物をするようになった。
  • 没落帝国は’目覚める’ことが可能になり、普通の帝国が強くなりすぎたり、他の没落帝国が部分的にでも惑星を失ったり、銀河に危機が訪れると発生することがある。目覚めた帝国は新しい個性(AIの挙動)を獲得し、銀河全体を自身の思想で従わせ安らぎを与えることを目標に行動する。
  • 没落帝国は、繰り返しタイプの研究を、ある程度のレベルで完了した状態で開始する。
  • 没落帝国は宇宙怪獣系技術や危機イベント系技術を持たなくなった。(異次元危機の事象崩壊砲など)

バランス[編集]

重要[編集]

  • スペシャルプロジェクトは普通の研究を止めなくなった。ほとんどのスペシャルプロジェクトは調査船が関与し研究コストの消費がなくなった。
  • 帝国の初期設定時、母星種類選択画面が新仕様に合わせて変更された。7種類のドーナツ型の並びから、気候タイプという新カテゴリー(乾燥/高湿/凍結)で並びなおした。
  • 居住性は気候タイプによる。基本の居住性は母星の80%で、同じ気候タイプだと60%、それ以外だと20%。
  • 居住可能惑星への入植には専用技術がなくても可能になった。
  • デフォルト設定の居住可能惑星の数を大幅に減らした。(プレイヤーは銀河の初期設定で変更可能)
  • ハイパードライブの船は以前は星系内のどこでもワープ開始できたが、重力井戸の外でしかワープできなくなった。他のFTL技術と同じで恒星から離れる必要がある。
  • 船のアーマーと回避のバランスが調整された。小型の船は回避が高いがアーマーが低く、大型船では逆になる。
  • 武器のバランスが船のサイズに応じて有効になるよう調整された。大型武器は大型船に効果的で、小型船には良くない。アーマー貫通はスロットサイズに応じて調整された。
  • ミサイルは回避性能を得た。
  • 新世代のミサイルは回避とHPが高い。迎撃装置と戦闘機はバランス調整はそれを前提に再調整された。爆撃機は船に有効で、戦闘機は爆撃機の迎撃に有効。
  • 惑星を同時に爆撃できる船の数に上限を設定し、ゲーム後半の大艦隊で惑星の防御が一瞬で解けないようにした。
  • 緊急FTLをした艦隊は友軍の惑星に戻るようになった。往復を繰り返して死ぬことはなくなった。
  • 緊急FTLは船が即死する危険性が常に発生するようになった。ダメージが大きいほど確率が上昇。

全体[編集]

  • ランダム生成の初期惑星のサイズは、16固定から16-20の範囲内でランダムになった。地球は常に16サイズで、Unitは常に18サイズ。
  • 提督の艦隊維持費の効果は削除。
  • 浄化の時間を6ヵ月から30ヵ月に変更。
  • 保護国の研究費用割引は50%から80%に改良。ただし研究協定は結べなくなった。
  • 保護国は主国の研究済み技術の出現率が上がった。
  • 集産主義は異星人奴隷の政策が可能になった。
  • 艦隊の上限は1000から9999に変更。
  • Removed blocker on colonizing stone age planets due to native interference policy. Instead, empires without full interference can only choose to establish enclaves once the planet is colonized
  • (?)石器時代の惑星に入植したときの原住民のタイルブロッカーを政策によっては除去可能に?
  • POPの強制移住は居住性が40%以下だと不可能になった。
  • 強制移住の必要条件から惑星の直接支配を除外。
  • 船の大きさによってアーマーのダメージ軽減効果を減衰。コルベットの1アーマーポイントは戦艦の1アーマーポイントより効果が高い。
  • 攻撃的なAIの個性はゲーム開始時にアドバンスAIに指定されると出るようになった。
  • Tile blockers that give adjacency effects can no longer be cleared
  • (?)タイルブロッカーが隣接マスに与える効果は消えなくなった?
  • 科学者のリーダーはレベルアップ時に7%から10%の確率で特性が増えるようになった。
  • 科学者ではないリーダーはレベルアップ時に10%から20%の確率で特性が増えるようになった。
  • AI帝国の指向は銀河内で似すぎないように調整された。平和主義しかいない銀河とかは出現しにくくなった。
  • 軍艦同士が戦っている間は輸送艦は敵に狙われなくなった。
  • 船のHPが減ってもメンテナンス費が安くならなくなった。
  • 友好的な帝国の国境の外でのワームホール展開は30%時間がかかるようになった。
  • ハイパードライブのワープ後硬直は、ワープ元から見て最寄りの友好的な帝国領域からの距離によって大きくなる。
  • ワープのワープ後硬直は、ワープ先から見て最寄りの友好的な帝国領域からの距離によって大きくなる。

外交 & 戦争[編集]

  • 独立の戦争目標は、複数の従属国が1つの戦争でまとめて指定可能になった。
  • 艦隊戦力の差による戦争目標への影響は減らされた。
  • 征服戦争の政策を許可している場合、戦争目標に敵国第一種族の所属する国家に同時に入れられるようになった。
  • 攻撃的な個性を持つ帝国を征服したときの他国の感じる脅威は軽減され、狂信的な浄化主義と目覚めた没落帝国の場合は完全に除外された。
  • Wargoals against allies of the main defender are now more expensive to set
  • (?)友軍の戦争目標が拡張された。
  • 宇宙港と軍事ステーションの破壊による戦争スコアは減らされた。
  • 従属国に対して直接宣戦布告はできなくなった。主国に対して戦争を開始し、戦争目標で従属国の領土を指定する必要がある。
  • "外交で関係がない"禁止条件を削除し、代わりに国境の距離を見るようになった。
  • "惑星放棄"の戦争目標は"惑星譲渡"と同じ戦争目標コストになり、脅威度が増すようになった。

没落帝国[編集]

  • 没落帝国は宇宙怪獣系技術や危機イベント系技術を持たなくなった。(異次元危機の事象崩壊砲など)
  • 没落帝国のPOPはマイナス効果の種族特性を持たなくなった。かわりにプラス効果の種族特性が更に追加される。

遭遇&ゲーム終盤危機イベント[編集]

  • 宇宙怪獣はちょっとレアになった。
  • 結晶存在は大幅に強化され、コルベット程度から、駆逐艦や巡洋艦程度になった。
  • すべてのゲーム終盤危機の船はアーマーと回避が調整された。
  • 採掘ドローンはバランス調整され高価なミネラル採掘所を守るようになった。
  • スペースアメーバは出現時にもっと大量に群れるようになった。
  • スペースアメーバはもっと高速になり、ダメージとHPが増えた。
  • 宇宙クジラはダメージとHPが増えた。
  • 結晶存在の武器はバランス調整され、小型→中型→大型の順にアーマー貫通力が上がる。
  • 宇宙遊牧民の船のデザインが変更。
  • 宇宙遊牧民の艦隊のHPを下げ、ダメージの補正が+25%から+50%に強化。総合的には強くなっている。
  • 宇宙遊牧民の箱舟のHPを下げ普通の武器を追加。

志向[編集]

  • 新 : 集産主義帝国は派閥の抑制コストが10%/30%軽減。
  • 新 : 個人主義帝国は政策による不幸の効果を20%/60%軽減。
  • 新 : 物質主義帝国の建造費用が5%/15%軽減。
  • 新 : 排他主義帝国の国境出力が増加。
  • 排他主義帝国は最大宿敵数が増加し宿敵影響力収入が増加。
  • 寛容主義帝国は宿敵影響力収入ペナルティがなくなった。
  • 軍事主義帝国は最大宿敵数が増加し宿敵影響力収入が増加。
  • 平和主義国家は最大宿敵数のペナルティがなくなった。

特性[編集]

  • 最大特性数は4から5に増加。
  • トリックスターの回避特性は移動速度+20%に変更。追加で緊急FTLダメージ量を-25%から-50%に強化。
  • 攻撃的の特性の連射速度が+10%から+8%に減少。
  • 注意深いの特性の効果は回避から射程+10%に変更。
  • スカウトの特性は移動速度+20%に。

政府[編集]

Despotic Empire(専制帝国)[編集]
  • 建設費用のボーナスを削除。
  • 奴隷の食糧と鉱物の生産ボーナスを削除。
  • 入植の影響力コストを15%削減。
  • 国境の出力を10%強化。
Star Empire(銀河帝国)[編集]
  • 建設費用のボーナスを削除。
  • 奴隷の食糧と鉱物の生産ボーナスを削除。
  • 入植の影響力コストを30%削減。
  • 国境の出力を20%強化。

補正[編集]

  • "受け入れられた要求" の幸福効果を+25%から+15%に減少。
  • "拒否された要求"の不幸効果を-40%から-20%に変更。

イベント[編集]

  • Lessened the odds of "Trouble in Paradise" and "A Change of Heart" occurring early in a colony's lifetime. Added a chance for it to occur after 4 years instead, with very low odds
  • Changed "Trouble in Paradise" and "A Change of Heart" events so they change ethics in one step towards the empire's opposite, instead of instantly inverting it to the opposite extreme. Also added a check so that the events cannot happen more than once every 5 years
  • Tree of Life anomaly is now 66% less likely to occur, but provides slightly better effects
  • Interstellar Railroad faction event now always removes 1 pop instead of a random amount

艦隊装備[編集]

  • 新しいユーティリティ装備「アフターバーナー」を追加。戦闘中の船の速度を増加。
  • スラスターの回避力ボーナスを0/3/6/9から+0%/+10%/+20%/+30%に変更。
  • センサーの命中率0/2/4/6を削除し照準力0/3/6/9を追加。
  • ジャンプドライブは、すべてのFTLから研究可能に(ただし相変わらず非常にレア)
  • レーザー兵器はシールドに対し20%ダメージ量が減少。
  • レーザー兵器のアーマー貫通性能は33%から15/30/60%に変更。スロットサイズによる。
  • プラズマ兵器はシールドに対し20%ダメージ量が減少。
  • プラズマ兵器のアーマー貫通性能は75%から60/80/90%に変更。スロットサイズによる。
  • ディスラプター兵器の対シールドダメージボーナスが+100%から+200%に変更。
  • 投射兵器の対シールドダメージボーナスが+15%から+33%に変更。
  • 投射兵器のアーマー貫通が0%から0/15/30%に変更。スロットサイズによる。
  • 魚雷兵器は魚雷スロットのみ装備可能に変更。
  • アーク発生器は巨大兵器に変更。
  • 粒子ランスは巨大兵器に変更。

シールド蓄電器

  • ユーティリティから補助スロットに変更。
  • 電力消費を50から20に軽減。
  • 鉱物コストを50から20に軽減。

結晶含有装甲/結晶錬成装甲

  • ユーティリティから補助スロットに変更。HP+5%/10%の効果。
  • 鉱物コストを40/50から25/30に軽減。

再生船体加工

  • ユーティリティから補助スロットに変更。
  • 鉱物コスト50から30に軽減。

対空砲/重対空砲

  • 大型武器から中型武器スロットに変更。
  • 射程が40/40から50/50に強化。

クラウドライトニング

  • ダメージが6-12から1-27に変更。ランダム幅が広く。
  • 射程が40から50に強化。
  • 照準力が75%から100%に変更。
  • 対シールドダメージが-25%に変更。

シールド5種類

  • 電力消費が全体的に減少。だいたい1段階相当。

(5/10/20 to 2.5/5/10) - (7.5/15/30 to 5/10/20) - (10/20/40 to 7.5/15/30) - (12.5/25/50 to 10/20/40) - (15/30/60 to 12.5/25/50)

  • シールドHPが全体的に減少。だいたい1段階相当。

(25/50/100 to 20/40/80) - (50/100/200 to 30/60/120) - (75/150/300 to 45/90/180 - (100/200/400 to 70/140/280) - (125/250/500 to 105/210/420)

  • レールガン(中型/大型)

最大ダメージが変更。(46 to 49)/(99 to 100)

実体弾砲/大型実体弾砲

  • 鉱物のコストが減少。半減。(100 to 50) - (120 to 60)。
  • 電力消費が減少。半減。(100 to 50) - (120 to 60)。

機関砲/リッパーキャノン砲/ストームファイアキャノン砲

(共通)

  • 連射間隔が3.15から2.35に強化。一律。
  • 照準力が65%/35%/10%に。
  • アーマー貫通が0%/10%/20%に。

立派―キャノン砲

  • ダメージが変更。大きいほど弱体。(4-17 to 4-16) - (8-36 to 8-33) - (21-74 to 21-67)
  • 命中率が変更。微増。(82%/80%/75%)から(83%/81%/76%)

ストームファイアキャノン砲

  • ダメージが変更。大きいほど弱体。(5-19 to 5-17) - (11-39 to 10-35) - (25-84 to 26-70)
  • 命中率が変更。微増。(82%/80%/75%)から(84%/82%/77%)

スウォームミサイル/ワールウィンドミサイル

  • 大型武器から中型武器スロットに変更。
  • ダメージが減少。半分以下。(18-38 to 8-12) - (21-41 to 10-15)
  • 攻撃間隔が強化。2.50から2.10に。
  • 射程が強化。50から60に。
  • ミサイル自身の回避率が200%に。結果的にあらゆる迎撃装置は無駄撃ちとなる。

センチネル対空砲/バリアー対空砲/ガーティアン対空砲

  • ダメージが変更。強化。(1-2 to 2-3) - (2-3 to 3-4) - (3-4 to 4-6)
  • 命中率が変更。強化。(20%/30%/40%)から(80%/80%/80%)に。
  • 捕捉力が(20%/30%/40%)追加。

技術[編集]

  • 次世代の技術が開放されるまでの必要研究数が5から7に増加。
  • 第1世代の研究コストを変更。増加。240/360/480/600から360/480/600/720に。
  • 第2世代の研究コストを変更。増加。900/1200/1500/1800から1000/1400/1800/2200に。
  • 第3世代の研究コストを変更。増加。2320/2840/3360/3880から3000/4000/5000/6000に。
  • '人工知能制御のコロニー船'の効果を強化。植民地開発速度が+25%から+50%に。さらに、コロニー船の建造費-25%。
  • '自我を持つコロニー船'の効果を強化。植民地開発速度が+25%から+50%に。さらに、コロニー船の建造費-15%。
  • '自我を持つコロニー船'の研究コストは軽減。2840から2200に。
  • '知性的AI'の研究コストを減少。2840から2200に。
  • '同期的防御'は前提技術が変更。'アクティブ防衛'(センチネル対空砲)から'管理AI'に。さらに出現率増加。
  • '発展型シールド'のコストを減少。2840から1800に。
  • '惑星シールドジェネレーター'の研究コストを軽減。1800から720に。
  • '惑星シールドジェネレーター'の前提技術を変更。'シールド'から'発展型デフレクター'に。
  • 'シールドハーモニクス'(シールドHP繰り返し強化)の前提条件を変更。'発展型デフレクター'から'シールド'に。
  • '合照干渉計'(エネルギー兵器ダメージ+5%繰り返し強化)の前提条件を変更。'X線レーザー'から'青色レーザー'に。
  • 'ガンマ線レーザー'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • 粒子ランスの前提技術を変更。'ガンマ線レーザー'と'戦艦'に。
  • 'プラズマ投射砲'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • アーク放射器の前提技術を変更。'プラズマ投射砲'と'戦艦'に。
  • '陽子魚雷'の研究コストを減少。2320から1400に。
  • '陽子魚雷'の前提技術を変更。'イオンディスラプター'から'ディスラプター'に。
  • '中世地魚雷'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • '神経学習'(奴隷兵と奴隷処置施設)の研究コストを軽減。600から480に。
  • '異星生物学'(ペット用エイリアン)の前提技術を削除。以前は'生物多様性研究'だった。
  • '新天地プロトコル'は以前のように出現率が非常に高い存在ではなくなった。
  • '開拓地保健'(開拓地診療所)の前提条件を追加。'ゲノムマッピング'に。
  • 'ゲノムマッピング'の効果を変更。以前は食料+10%とリーダー寿命+10年だったが削除。成長時間-15%に。
  • 'クローニング'(クローン兵)の研究コストを軽減。1500から1000に。
  • 'クローニング'の前提条件を変更。'エピジェネティック変化のきっかけ'(知性化)から'生命力活性剤'(新技術)に。
  • '遺伝子バンク'の研究コストを減少。3360から1400に。
  • '遺伝子シード精製'(遺伝子強化兵)の前提条件を変更。'クローニング'から'遺伝子改変'に。
  • '遺伝子改変'の研究コストを増加。1200から2200に。
  • '遺伝子改変'の前提技術を変更。'エピジェネティック変化のきっかけ'から'クローニング'に。
  • '標的遺伝子発現'の研究コストを増加。1800から4000に。
  • '血統選別'の前提技術を変更。'エピジェネティック変化のきっかけ'から'生命活性剤'に。
  • '血統選別'の研究コストを増加。1200から2200に。
  • '能力増強'の研究コストを増加。2320から5000に。
  • '神経学習'の前提技術を削除。以前は'ゲノムマッピング'だった。
  • '細胞再活性化'の前提技術を変更。'エピジェネティック変化のきっかけ'から'生命活性剤'に。
  • '巡洋艦設計の標準化'の研究コストを減少。1800から1000に。
  • '戦艦設計の標準化'の研究コストを減少。3360から2200に。
  • '空母運用'(戦闘機/爆撃機)の研究コストを減少。1500から1000に。
  • '改良型軍用機'の研究コストを減少。1800から1400に。
  • '発展型軍用機'の研究コストを減少。2840から2200に。
  • 'シナプス迎撃機'の前提技術を変更。'空母運用'から'巡洋艦'に。
  • 'シナプス迎撃機'の効果を強化。戦闘機ダメージ+5%から+10%に。
  • '熱リサイクラー'の前提技術を変更。'空母運用'から'巡洋艦'に。
  • '熱リサイクラー'の効果を強化。戦闘機ダメージを+5%から+10%に。

※訳注:熱リサイクラーは攻撃速度だった。誤植かも?

  • 'ガウス砲'の研究コストを減少。3800から3000に。
  • '機関砲'の前提技術を追加。'コイルガン'に。
  • 'ストームファイアキャノン'の研究コストを減少。3800から3000に。
  • '対空砲'の研究コストを減少。2320から1800に。
  • '重対空砲'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • 'マローダーミサイル'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • 'スウォームミサイル'の研究コストを減少。2320から1000に。
  • 'ワールウィンドミサイル'の研究コストを減少。3880から3000に。
  • '宙間魚雷'の研究コストを減少。900から480に。
  • '宙間魚雷'の前提技術を追加。'核ミサイル'に。
  • '装甲魚雷'の研究コストを減少。1800から1400に。
  • '破壊魚雷'の研究コストを増加。3880から4000に。
  • '柔軟な官僚機構'の効果を変更。布告コスト%を削除。帝国のリーダープールの増加とコスト軽減に。

※訳注:数量が原文にないため不明。

  • '活きた国家'(社会福祉計画)に新しい効果を追加。リーダー雇用費用-10%。
  • '規制奴隷'系の政策に、'許可'系に比べ'神経学習'の技術が大幅に出現しにくくする効果を追加。
  • 地上軍アタッチメントの'異星獣騎兵隊'の取得条件を変更。'遺伝子改変'から'発達学解明'(ゼノモーフ兵)に。

ユニット[編集]

  • 戦闘機の交戦射程距離を増加。120から130に。
  • 占領下の惑星でも'潜在的な軍'が有効に。これにより、占領した惑星は、1部隊の侵攻部隊では奪い返されなくなった。
  • 地上軍は宇宙で非交戦状態の場合も自動回復するようになった。

宇宙港[編集]

  • 基本ダメージと射撃速度を上昇。
  • HPを変更。2500/4000/5000/6000/7000/8000から4000/4500/5000/5500/6000/6500に。
  • 基本アーマーを増加。10/15/20/25/30/35 から 75/80/85/90/95/100。
  • 船の建造速度ボーナスを追加。0/20/40/60/80/100%。
  • 照準力を追加。0/2/4/6/8/10。
  • アップグレード費用を減少。300/450/850/1000から200/250/300/350/400に。
  • 艦隊上限増加の効果を変更。6/7/8/9/10/11から2/4/6/9/12/15に。

コルベット

  • 基本アーマーを減少。3から2に。
  • 基本回避率を増加。0から60に。

巡洋艦

  • 基本アーマーを減少。12から6に。
  • 基本回避率を増加。0から25に。
  • 回避率のペナルティを受けなくなった。

巡洋艦

  • 基本アーマーを増加。12から30に。
  • 基本回避率を増加。0から10に。
  • 回避率のペナルティを受けなくなった。
  • HPを増加。1200から1600に。

戦艦

  • 基本アーマーを増加。24から80に。
  • 基本回避率を増加。0から5に。
  • 回避率のペナルティを受けなくなった。

防衛プラットフォーム

  • 基本アーマーを増加。7から15に。

防衛ステーション

  • 基本アーマーを増加。11から30に。

要塞

  • 基本アーマーを増加。20から44に。

建物[編集]

  • 'クローンカプセル'の建造費を減少。350から200に。
  • 'クローンカプセル'に社会学+4を追加、メンテナンス費に2エネルギーを追加。
  • '鉱物貯蔵庫'に隣接するタイルの鉱物出力+1の効果を追加。
  • '銀河証券取引所'のメンテナンス費を2から3に増加。代わりに1エネルギーの出力を追加。結果的に、地面のエネルギー生産を回収できるようになった。

パワーハブ系

  • パワーハブI型/II型は建造費に影響力が不要になった。
  • パワーハブII型の建造費が減少。250から200に。
  • パワーハブII型の惑星エネルギー出力補正が増加。+15%から+20%に。

選鉱プラント系

  • 選鉱プラントI型/II型は建造費に影響力が不要になった。
  • 選鉱プラントII型の建造費が減少。250から200に。
  • 選鉱プラントII型の自身の鉱物出力が上昇。+3から+4に。
  • パワーハブII型の惑星鉱物出力補正が増加。+15%から+20%に。

宇宙港モジュール[編集]

艦隊養成所

  • 建造された船のダメージボーナスを削除。
  • 建造された船の回避ボーナスを削除。
  • メンテナンス費を増加。2から4。
  • 建造費を増加。300から400に。
  • 影響力コストを増加。50から100に。
  • 建造された船に射撃速度+5%の効果。
  • 建造された船に照準力+3の効果。

AI[編集]

戦争[編集]

  • 戦争中の艦隊と地上軍の移動について、大量の修正と改良。

セクター[編集]

  • セクターはステーションの建造の速さ比べをしなくなりました。
  • セクターAIは許可を設定すればロボットPOPを自動で建造するようになりました。
  • セクターAIは許可を設定すれば自動で入植するようになりました。
  • セクターAIが研究所を1つだけ作って動かなくなる問題を修正しました。
  • セクターAIの資産管理と建設について大量の修正と改良をしました。

外交[編集]

  • AIは不忠の状態のとき共同独立戦争の友軍要請を出すようになりました。
  • AIはプレイヤーが興味なさそうな戦争について友軍要請をしなくなりました。
  • AIはプレイヤーに友軍要請を断られた場合、連続で同じ内容の要請を出さなくなりました。
  • 防衛協定や非交戦協定を出している相手には、脅威を感じにくくなりました。
  • 没落帝国は友好度が-90以下の相手のみ警告を出すようになりました。(-75から変更)。
  • AIは友軍要請を断った同盟国以外の帝国に対して、戦争しやすくなりました。
  • AIの外交関係を活性化するためAIの外交について大量の修正と改良をしました。

その他[編集]

  • AI帝国は遺伝子改良を使うようになりました。
  • AI帝国はテラフォームを使うようになりました。
  • AI帝国は'狂信者の船'イベントを正しく攻略できるようになりました。
  • AIはロボットを不許可のときロボットで入植しなくなりました。
  • AIは戦略資源を要求するユニークな建物をもっと上手に使えるようになりました。
  • AIは使い道がないと判断した建物を破壊するようになりました。
  • AIはエネルギー不足になるようなステーションの建て方をしなくなりました。
  • AIは戦争中は破壊された建物を修理しなくなりました。
  • AIは強制移住を使うようになりました。
  • AI艦隊はアップグレード中/修理中の友軍を追わなくなりました。
  • AIはロボットしかいない惑星では食料生産をしなくなりました。
  • アタッチメントのない地上軍がいるとAIが地上軍を作らなくなってしまうバグを修正しました。
  • AIは特殊な建物を上手に使えるようになりました。

ユーザーインターフェース[編集]

  • 船のセクションは役割に応じて明確な名前になりました。
  • トップバーにドロップダウンメニューを追加しました。今までタブのようになっていましたが、複数のスクリーンに分割され同時に表示できるようになりました。
  • 戦略資源は専用インターフェースが追加されました。トップバーのドロップダウンからアクセスできます。
  • 拡張プランナーが追加されました。同上。
  • プレイヤーは船のデザインが旧式だと警告を受けるようになりました。
  • プレイヤーは船体装備を自動でアップデートするか選べるトグルボタンが船体デザイナーに追加されました。
  • Buildings can be upgraded to their latest upgrade by shift-clicking the upgrade icon
  • (?)建物はShift+Clickでアップグレードアイコンを押すとアップグレード可能になりました。
  • Fleets will now have the build queue in mind when prioritizing best planet to upgrade a fleet on
  • 艦隊は建造キューが追加され最適な惑星でアップグレードされるようになりました。
  • CTRL-SHIFTで「行動予約キューの前方に割り込み追加」できるようになりました。
  • 艦隊の'ここに移動'を押すと、銀河マップのとき勝手にシステムマップになってフォーカスするのを無くしました。
  • 外交の申し出が受け入れられない原因について正しく表示されるようになりました。
  • デブリのスペシャルプロジェクトにツールチップを追加しました。
  • デブリの内容物について状況ログに表示されるようになりました。
  • 惑星の宇宙港/地上軍タブを表示中に惑星を切り替えると地表タブになってしまう現象を修正しました。
  • ワームホールのツールチップに進行状況と残り時間を追加しました。
  • ワープの準備についてパーセンテージ表示から日数表示に変更しました。
  • 「統治者の船」は惑星ビューで区分されました。
  • 「聖なる惑星」の補正アイコンは赤色になりました。
  • 'Damaged Ecology' planet modifier icon frame is now properly red
  • 船体部品をスロットサイズに応じて絞り込むチェックボックスを追加。
  • たくさんのインターフェースの座標を修正。
  • 互換性のないセーブファイルの警告を表示するようになった。
  • ツールチップの沢山の変更。

グラフィック[編集]

  • ブルームシェーダを大幅に変更。
  • 鳥類、節足類、軟体類、菌類と植物類の色バリエーションを追加。
  • DLCの立ち絵で色バリエーションがなかったものを追加。
  • 惑星都市の光をボンヤリしたものから緻密なものに変更。
  • 爬虫類のコロニー船のガラスの色を船の光に合わせて変更。
  • 大型アメーバは体中から発行するのをやめた。
  • 植物類の04と09の立ち絵の透明度が変なのを修正。
  • 戦闘機はもうちょっと上下方向に散らばるように。
  • 節足類の16の立ち絵のテクスチャと羽を調整。
  • 没落帝国は志向別に専用の船のテクスチャに。
  • 没落テクスチャは志向別に専用の惑星テクスチャに。
  • Star surface textures now tile properly
  • 「神聖な惑星」の補正のアイコンを変更。
  • たくさんの補正に専用テクスチャを追加。

MOD作成[編集]

  • コンソールコマンドの'research_technologies'は'1'を指定しない限り宇宙怪物と危機系の研究を開放しなくなった。
  • 'pop_add_ethic'の効果は不一致の志向を足すことができなくなった(ロボット、一部イベント用POPなど)。pop_force_add_ethicsが代わりになる。
  • 'modify_species'の効果は種族の立ち絵を変更可能になった。
  • 'set_empire_name'、'set_empire_fag'、'set_planet_name'、'set_sector_name'の効果を追加。
  • 'scaled_spawn_chance'を追加。恒星系の初期化のタイミングでspawn_chanceを倍率で変更する。倍率は100/銀河の惑星で補正される。200惑星なら5を指定すると5*100/200=10%。
  • FTL_WINDUP_ENTITYを異なるグラフィックごとに設定可能に、たとえば"arthropoid_01_warp_ftl_ship_effect_entity"など。
  • 'on_fleet_enter_orbit'アクションを追加。
  • 'on_join_alliance'、'on_leave_alliance'アクションを追加。
  • create_ship effect now supports effect={}
  • 'delete_fleet'を追加。('destroy_fleet'に似ているが、死亡アニメーションがなくなる)。
  • Country types that are set to "use_special_buildables = yes" will now build global ship designs marked as special buildable (if allow trigger permits it) instead of building regular designs
  • コンソールコマンドに'mature_galaxy'を追加。100年分の銀河をシミュレートする。
  • 船と艦隊に'is_boss'のフラグを追加。この設定があると軍事力の数値がドクロマークで隠される。
  • 'custom_military_power'を船のデザイン設定に追加。戦力の自動計算式を無視し値を上書きする。
  • 'on_monthly_pulse'アクションを追加。毎月実行される。

バグ修正[編集]

  • Fixed some issues with shared Threat where it would not correctly lead to anti-aggressor alliances forming
  • 排他主義のロボットは生みの親の種族を嫌いにならなくなった。
  • Diplomatic statuses such as defensive pacts are now properly cleared when going to war with a country
  • 戦争中に連合を抜けることはできなくなった。
  • 市民の独立戦争時は民間船もステーションの攻撃対象になった。
  • 自分が友軍として戦争に誘った帝国に対して、その戦争が終わるまで宣戦布告できなくなった。
  • 宇宙遊牧民が船を作りすぎるのを修正。
  • 宇宙遊牧民が銀河が小さすぎると移動終了地点を決定できない問題を修正。
  • 艦隊合流が最小の艦隊を目標にしてしまうバグを修正。
  • 荒れ果てた星系でガイア惑星の出現率が下がっていないバグを修正。
  • Fixed issues with democratic elections alternative parties, issue caused the alternative parties to be invalid
  • 原住民の啓蒙の進行度が毎月1以下のとき、毎月増加量の表示が整数しか表示できなかったので表示が信頼できない問題を修正。
  • 艦隊ビューの修理命令ボタンはSHIFTを押しながらだとキューの最後に追加されるように。
  • 小型/中型マイニングレーザーの射程距離が逆だったのを修正。
  • Cancel researching project when fleet order is cancelled
  • ゲーム開始画面の背景テクスチャをスクロールするように。
  • 帝国の種族説明文で改行が使えるように。
  • '異星人統合'の出現率を変更。
  • 宇宙遊牧民が船を作りすぎるのを修正。(訳注:原文でも二度目)
  • 宇宙遊牧民が銀河が小さすぎると移動終了地点を決定できない問題を修正。(訳注:原文でも二度目)
  • Survey fleet order checks if fleet can move to system, so players can no longer reach out-of-reach systems using fleet view survey button
  • 生体金属の戦略資源チュートリアルを修正。
  • コルベットや巡洋艦が建造済みだと、コルベット建造チュートリアルが開始しないバグを修正。
  • Update tech alternatives for tech area when research in that area has been halted, previously we waited for research in ALL tech areas to be halted
  • Allowing Nomads to settle on one of your planets no longer incurs the "New Contact" opinion modifier, and the "Liberator" opinion modifier has been replaced with "Shade-Giver"
  • '規制異星人奴隷'の政策が、異星人に出会う前に選択できてしまうバグを修正。
  • '規制異星人奴隷'の政策の技術前提がおかしかったのを修正。
  • 戦争開始の投票のお知らせを修正。
  • POPが同種族が浄化されたときの幸福度ペナルティがかかっていなかったのを修正。
  • Species description in Game setup edit overview can be clicked to open corresponding edit window
  • 狂信者イベントチェーンにていくつかの修正。不足していたイベントを追加し、戦力を増強し、FTLタイプを設定。狂信者のリーダーに立ち絵のあるダイアログを追加。
  • Fixed pop factions being destroyed before their names could be printed in the event window when they become rebel countries
  • Fixed progression issue in the Yuht Precursor event chain
  • '異星人統合'の出現率を変更。(訳注:元文でも二度目)
  • 規制奴隷の政策で原始的市民の奴隷化ができないのを修正。
  • 外交ダイアログウィンドウがメッセージお知らせアイコンをクリックすると複製できてしまうバグを修正。
  • Fixed a bug where liberate planet wargoal could create a pre-sentient empire
  • Fixed some faction-created/rebel countries considering pre-sentients to be a valid dominant species and Synths to be invalid
  • セクターが時々奴隷が禁止されたことに配慮しない問題を修正。
  • 一部のイベントで人工生命体でないロボット/ドロイドに志向がついてしまうバグを修正。
  • 国境付近のシステムで注目アイコンの色が不適切なバグを修正。
  • 出現済み種族リストがスクロールすると全カテゴリを表示してしまうのを修正。
  • Countries with no contact establish communications anyway if there exists an overlord-subject relationship between any of the three countries involved
  • Abandoned station no longer seem like they belong to random or unidentified empire
  • MOVE_SHIP_TO_FLEET_MAX_DISTの船の定義が艦隊から離れすぎたら戻るように定義可能に。
  • 成長途中のPOPが親となるPOPがいなくなったとき残り続けていたバグを修正。
  • set_nameの効果を修正。
  • If player has comms with previous owner of abandoned station then station name and type is shown in fleet view
  • Fixed so that clicking a leader portrait in democratic elections doesn't block selection
  • Fixed bug where you could accept offers promising you systems which the other party couldn't give away
  • ロボットのクローン兵が作れないように修正。
  • 外交イベントを閉じると時々クラッシュするのを修正。
  • 民主選挙でリーダーが湧くときは成長中でないPOPのみ消費されるように。
  • 戦争開始時に敵国に立っていたワームホールステーションが自爆したのが「艦隊行方不明」に数えられてしまうのを修正。
  • システム注目アイコンがときどき不可視なのを修正。
  • Fixed so that required components are added into the debris
  • When a subject declares war on someone who is not their overlord, the war will no longer incorrectly be called an independence war
  • 艦隊がM.I.Aの艦隊を追従できてしまうバグを修正。
  • '惑星を開放'が複数の帝国から同じ戦争で複数の別帝国の報酬に指定されたとき正しく処理されるように。
  • 連合艦隊の艦隊設計時の多数の問題を修正。
  • 宇宙港モジュールの戦略資源消費がトップバーのステータスに表示されるように。
  • Make released from overlord opinion modifier unique to avoid spam exploit
  • Don't add new contact opinion modifier if communications are established with a vassal
  • 交渉画面を閉じたり切り替えても戦争目標の設定は保持されるように。
  • Use proper ordinal numbers for 11, 12 and 13
  • Don't allow candidates of another species in democratic elections if the government does not allow it
  • セーブファイル名のゲーム内日付が正しくなかったのを修正。
  • 資源生産の補正がトップバーに表示されるように。
  • Check that the fleet owner actually can afford to land armies when it costs resources
  • Fix broken strategic resource triggers
  • たくさんのマイナーなバグ修正。

パフォーマンス[編集]

  • たくさんのパフォーマンス改良。